お客様、スタッフがより安心できる事業所を目指して【ハーモニー松長】

全社安全衛生チームの秋山です。今回は、「ハーモニー松長」での安全・衛生活動についてご紹介します。

ハーモニー松長で新任の”安全衛生推進者”となった斎藤さんに、活動についてインタビューしました。

※安全衛生推進者とは・・・・労働者の安全や健康確保などを行う衛生管理の責任者です。事業所ごとに配置されています。

ハーモニー松長 安全衛生推進者の斎藤さん

-安全衛生推進者となったときのことを教えてください。 

辞令を頂いて、驚きと同時に自分に務まるのかという不安な気持ちもありました。

自分自身、何かにチャレンジしたいと思っていたタイミングでもあったので、「良い機会」と捉えました!

-とても前向きなのですね。実際に活動して気付いたことは何ですか?

ただ職場のチェックをするだけでなく、どうすればお客様、スタッフが快適になれるか、そのためにどんな工夫ができるかを意識するようになりました。

お客様やご家族の視点であらためて事業所を見ると、気付いていなかった点、心配りが欠けていた自分に気付かされます。

異なる視点で事業所を見ると、「今までとは違う風景」が見えてきます (^^♪

-どのような活動を心掛けていますか?

気づいた点はまず管理者、リーダーと共有します。

そこから何を行うかの優先順位や担当者を決めるなど、周囲を巻き込んでの活動を心掛けています! 

-スタッフを巻き込んでのチームプレイですね。現在取り組んでいることは何ですか?

お客様の憩いの場となるスペースを追加で設けたいと考えています。備品やレイアウトを検討中です!

職場点検の様子

職場点検とは、お客様、職員双方の安心・安全のために、安全衛生推進者が中心となって毎月1回行う職場の点検です。

事業所の危険箇所や破損個所などがないかを、チェックリストを用いて確認します。

備品や設備の扱いやすさなど、スタッフの視点や気付きも確認しています。

管理者の板橋さんと。”お客様のために”となると、話も弾みます!

色々な視点を大事にして、より良い「ハーモニー松長」を目指して行きましょう!